東海道五拾三次之内 44 四日市《三重川》 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち 44 よっかいち みえがわ

木版画 

歌川広重 (1797-1858)
うたがわひろしげ
日本
天保4-5年(1833-34)
木版多色刷
22.6×34.4cm
1

画中右では三重川に架かった何とも粗末な橋を、風に吹き飛ばされないように渡っている姿が何とも危うい。画中左では旅人が飛ばされた笠をあわてて追いかけているのも、その危うさを強める。広重の絵では珍しく風の動きを見せた図でもある。北斎『冨嶽三十六景』の「駿州江尻」との比較も一興。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五拾三次之内 44 四日市《三重川》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五拾三次之内 35 吉田《豊川橋》
東海道五拾三次之内 25 金谷《大井川遠岸》
東海道五拾三次之内 14 原《朝之富士》
東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪
冨嶽三十六景《駿州江尻》
ページトップへ