Kalavinka

Details

Kalavinka

Sculpture / Korea

Place excavated:Excavated at Gyeongju, Korea

Unified Silla dynasty, 8th century

Gilt bronze

像長20.0(髪頂~尾端)

1躯

極楽浄土に住む、迦陵頻伽(かりょうびんが)と呼ばれる鳥。上半身は人の姿をしており、非常に美しい声で歌うといいます。手にはシンバルのような楽器を持ち、足先は枝にとまるように丸めており、群像の一部かと思われます。想像上の鳥でありながら、細かく彫りわけられた羽毛の表現が目を引きます。

Search by Kalavinka

Search by Tokyo National Museum

Keywords

Unified / Silla / / Korea

Related Works

Search items related to work chosen