文化遺産オンライン

孟子 梁恵王篇中一章

もうし りょうけいおうへんちゅういっしょう

作品概要

孟子 梁恵王篇中一章

もうし りょうけいおうへんちゅういっしょう

/ 安土・桃山

南化玄興筆

安土桃山時代・16世紀

紙本墨書

1幅

南化玄興は室町から安土桃山時代に活動した禅僧で、美濃の人。後陽成【ごようぜい】天皇や豊臣秀吉【とよとみひでよし】をはじめとする多くの戦国武将の帰依を受け、さまざまな寺院の開山となった。漢学にも優れ、所持していた宋版の『史記』『漢書』を上杉家の重臣直江兼続【なおえかねつぐ】に譲った。

孟子 梁恵王篇中一章をもっと見る

南化玄興筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

安土 / 桃山 / Azuchi / Momoyama

関連作品

チェックした関連作品の検索