松鶴鏡 しょうかくきょう

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 / 平安 / 茨城県 

出土地:茨城県土浦市 東城寺経塚出土
平安時代・12世紀
銅鋳製
面径10.1cm, 縁高0.6cm
1面

菊花座鈕を挟んで、羽を広げて飛翔する2羽の鶴を描き、周囲に松枝を散らしています。界圏をもち、縁は外傾気味に立ち上がります。平安時代中期の和鏡成立段階に出現する文様です。

作品所在地の地図

関連リンク

松鶴鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

草葉双鳥鏡
山吹蝶鳥鏡残欠
草葉散双鶴鏡残欠
草花双鳥鏡
蝶鳥鏡
ページトップへ