文化遺産オンライン

恵比寿講

えびすこう

作品概要

恵比寿講

えびすこう

絵画 / 江戸

鳥高斎栄昌筆

江戸時代・18世紀

大判 錦絵 3枚続

1枚

栄昌は細川栄之(1756~1829)の門下で、栄之風のすらりとした長身の美人図を手がけました。七福神の一神である恵比寿は、豊饒の神として篤く信仰され、商家では商売繁盛を願い、旧暦10月20日や正月などに恵比寿を祭って祝宴を行いました。

恵比寿講をもっと見る

鳥高斎栄昌筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ Chōkōsai / Eishō /

関連作品

チェックした関連作品の検索