文化遺産オンライン

狂言面 恵比須

きょうげんめん えびす

作品概要

狂言面 恵比須

きょうげんめん えびす

彫刻 / 江戸

江戸時代・18世紀

木造、彩色

18.1×13.9

1面

七福神の一柱で海の神・商売繁盛の神として祀られる恵比寿をかたどった面。「夷毘沙門」では、有徳人の娘婿の候補として恵比寿と毘沙門が名乗りをあげ、どちらがふさわしいかを争う。神でありながら人間的に描かれている点が狂言の面白い所である。

狂言面 恵比須をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

狂言 / / / 毘沙門

関連作品

チェックした関連作品の検索