文化遺産オンライン

狂言面 登髭

きょうげんめん のぼりひげ

作品概要

狂言面 登髭

きょうげんめん のぼりひげ

彫刻 / 江戸

洞白作

江戸時代・18世紀

木造、彩色

18.8×14.8

1面

登髭とは、顎や鬢の髭が耳の方に向かってひねり挙げられている様子を指す言葉である。年老いて歯が抜け、笑いを帯びた表情に親しみを感じる。狂言においては、能の間に演じられる「間狂言」において登場する末社の神の役に使われる。

狂言面 登髭をもっと見る

洞白作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

狂言 / きょうげん / / Kyogen

関連作品

チェックした関連作品の検索