文化遺産オンライン

狂言面 雷

きょうげんめん  かみなり

作品概要

狂言面 雷

きょうげんめん  かみなり

彫刻 / 江戸

江戸時代・18世紀

木造、彩色

21.2×17.3

1面

 狂言『雷(かみなり)』(神鳴)の専用面であるが、もともとは角(つの)があった。顔は黒く、髪・眉・ひげ・目・牙を金色とする。眉を吊り上げた怒りの表情であるが、いっこうに恐ろしさはなく、滑稽な印象がある。空から落ちた雷が腰を痛めて、医者に針を打ってもらうという筋書きにふさわしい。

狂言面 雷をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

狂言 / Mask / Kyogen / polychromy

関連作品

チェックした関連作品の検索