文化遺産オンライン

顰面

作品概要

顰面

彫刻 / 江戸

江戸時代・17~18世紀

木造、彩色

21.2×16.6

1面

 能面の中でもっとも激しい怒りの表情である。額にV字の深い皺を刻み、眉を思い切り吊り上げ、口を開いて金色の牙と歯列をあらわす。目も金色。“しかみ”の名は顔をしかめるという言葉に由来する。鬼神や土蜘蛛の精などの役に用いる。

顰面をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 金色 / Mask / 能面

関連作品

チェックした関連作品の検索