文化遺産オンライン

能面 鷲鼻悪尉

のうめん わしばなあくじょう

作品概要

能面 鷲鼻悪尉

のうめん わしばなあくじょう

彫刻 / 江戸

「甫閑打」朱書

江戸時代・18世紀

木造、彩色

20.6×15.7

1面

銘文:「甫閑打」朱書

鼻先が鷲の嘴のようにとがった、いわゆる鷲鼻の強い表情の老人の面。額に四条の皺、目に鍍金した銅環を貼る。金春家伝来の面に比べて彫りがおとなしく、まとまりがよくなっている。写しの2面は似ているが、「出目庸久」印の方が彫りが深く、強さがある。

能面 鷲鼻悪尉をもっと見る

「甫閑打」朱書をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 鷲鼻 / / Noh

関連作品

チェックした関連作品の検索