能面 長霊癋見 のうめん ちょうれいべしみ

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻 / 江戸 

江戸時代・18世紀
木造、彩色
21.2×16.3
1面

長霊癋見は、「熊坂」「烏帽子折(えぼしおり)」などで牛若丸一行を襲って逆に討たれる盗賊熊坂長範(くまさかちょうはん)の役に用いる。眉は弧を描き、丸い目で口を結ぶひょうきんな顔である。眉間のW字形の皺の形等は観世(かんぜ)家の面の写しの系統に見られる特徴で、面裏のノミ跡は大野出目(おおのでめ)家の甫閑(ほかん)(?-1750)に近い。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 長霊癋見チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 長霊癋見
能面 長霊癋見

「天下一近江」焼印

能面 小癋見
能面 小癋見

「福来作」銘

能面/長靈癋見
能面 長霊癋見
能面 長霊癋見

「キヒノケンせイ」陰刻

能面 天神
能面 天神

「福来作」銘

ページトップへ