能面/長靈癋見

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻 / 江戸 

江戸時代・17~18世紀
木造、彩色
22.4×16.9
1面

室町時代後期に長霊という僧侶が創作したと伝えられる癋見面の一種である。能『熊坂』や『折烏帽子』(おりえぼし)の主人公である盗賊の熊坂長範を演じる際の専用面である。肌の色を肉色にし、眼や眉の表情をより穏やかに作るなど、より人間らしい表情に仕立てている。

作品所在地の地図

関連リンク

能面/長靈癋見チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 長霊癋見
能面 長霊癋見
能面 長霊癋見

「天下一近江」焼印

能面 熊坂
能面 平太
能面 小癋見
能面 小癋見

「福来作」銘

ページトップへ