Wood

Details

Wood

Sculpture / Edo

Edo Period, 17th century

Wood with polychromy

20.3×14.5

1面

 「平太」は、戦に臨む若い武士を演じる際につける能面である。野外生活のために日焼けした褐色の肌、吊り上がった眉や眼、雄叫びをあげるかっと開いた口が特徴である。通常は烏帽子(えぼし)に白鉢巻をつける。    

Search by Wood

Search by Tokyo National Museum

Related Works

Search items related to work chosen