文化遺産オンライン

能面 神体

のうめん しんたい

作品概要

能面 神体

のうめん しんたい

彫刻 / 江戸

「春若作」銘

江戸時代・17~18世紀

木造、彩色

19.9×14.2

1面

若い男神の役などに用いられる。平太や邯鄲男も男神の役に使うことが多いが、それらと比較して神体の顔立ちには公達のような気品がある。神体の白目は白くするのが普通だが、この面は朱を塗る。冠形を表さない等彩色は異なるが、宝生家本面の系統に属する。

能面 神体をもっと見る

「春若作」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

能面 / Noh / Mask / polychromy

関連作品

チェックした関連作品の検索