文化遺産オンライン

能面 若男

のうめん わかおとこ

作品概要

能面 若男

のうめん わかおとこ

彫刻 / 江戸

江戸時代・17~18世紀

木造、彩色

20.3×14.2

1面

面裏に「本面 徳若作 宝生家若男写」とある。宝生家の若男は龍右衛門作と伝える。徳若も世阿弥の『申楽談義』に名の挙がる面打である。この面は時代が下る作で銘は信用できない。

能面 若男をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

能面 / Noh / Mask / のうめん

関連作品

チェックした関連作品の検索