能面 若男

彫刻 / 安土・桃山  江戸 

「天下一是閑」焼印
安土桃山~江戸時代・16~17世紀
木造、彩色
19.6×31.6
1面

若男は文字どおり若い男の面。憂いをふくむ相貌は中将(ちゅうじょう)や邯鄲男(かんたんおとこ)によく似る。この面は裏に「若男」の金泥書、「天下一是閑」の焼印がある。焼印は、近世の三大世襲能面作家家系の一つである大野出目(おおのでめ)家の祖・是閑吉満(ぜかんよしみつ)(?~1616)であることを示すもの。(旧解説)

作品所在地の地図

関連リンク

能面 若男チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 邯鄲男
能面 邯鄲男

「天下一是閑」焼印

能面 曲見
能面 曲見

「天下一是閑」焼印

能面 増女
能面 増女

「天下一是閑」焼印

能面/孫次郎
能面/孫次郎

「天下一是閑」焼印

能面 泥眼
能面 泥眼

「天下一是閑」焼印

ページトップへ