能面 泥眼 のうめん でいがん

その他の画像全3枚中3枚表示

彫刻 / 安土・桃山  江戸 

「天下一是閑」焼印
安土桃山~江戸時代・16~17世紀
木造、彩色
20.9×13.9
1面

 きれいにそろっていた髪がわずかに乱れ、白目と歯が金色に変わっている。鬼神系の面のように鍍金した銅板を嵌(は)めずに金泥を塗るのは、正気を失いはじめる、人間と鬼との境を示すためだろう。妖しく光る眼が不気味な恐ろしさをかもし出している。    

作品所在地の地図

関連リンク

能面 泥眼チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 泥眼
能面 泥眼

「天下一河内」焼印

能面 増女
能面 増女

「天下一是閑」焼印

能面 若男
能面 若男

「天下一是閑」焼印

能面 曲見
能面 曲見

「天下一是閑」焼印

能面 邯鄲男
能面 邯鄲男

「天下一是閑」焼印

ページトップへ