文化遺産オンライン

能面 泥眼

のうめん でいがん

作品概要

能面 泥眼

のうめん でいがん

彫刻 / 江戸

「天下一河内」焼印

江戸時代・17世紀

木造、彩色

20.3×13.6

1面

重要文化財

白目に金(きん)泥(でい)を塗るので泥眼という。鉄漿(おはぐろ)をした歯の先も金色である。能では金色は人間を超越した存在であることを示すので、この女性は人間から変化する途中の姿である。「葵上(あおいのうえ)」「鉄(かな)輪(わ)」の前シテでは生霊に、「当麻」では菩薩の役に用いる。

能面 泥眼をもっと見る

「天下一河内」焼印をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 焼印 /

関連作品

チェックした関連作品の検索