Noh Mask: "Ōtobide"

Details

Noh Mask: "Ōtobide"

Sculpture / Edo

Edo period, 17-18th century

Painted wood

19.9×15.7

1面

「大飛手」「大飛天」とも称し、金色に塗られた肌、大きく見開いた眼、真っ赤な開口部などが印象的。世阿弥の談を伝える『申楽談儀(さるがくだんぎ)』は「菅原道真が柘榴(ざくろ)をくわっと吐き出した表情である」と述べており、凄みがある。蔵王権現(ざおうごんげん)や別雷(わけいかずち)の神といった、荒々しい神の役に用いる。

Related Works

Search items related to work chosen