能面 泥小飛出 のうめん でいのことびで

その他の画像全6枚中6枚表示

彫刻 / 室町 

室町時代・15~16世紀
木造、彩色
20.6×14.8
1面
重要文化財

稲荷明神の化身である狐神など地上を走り巡る神の役に用いる。瞼がなく、耳があるので猿飛出に似ているが、表面は金泥塗りなので小飛出の変わり型だろう。耳の上部が尖り、えらが張る点に特徴がある。面裏に江戸時代前期の金春大夫、元信の名が記される。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 泥小飛出チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 猿飛出
狂言面 猿
能面 大飛出
能面 大飛出
能面 大飛出
ページトップへ