文化遺産オンライン

能面 大飛出

のうめん おおとびで

作品概要

能面 大飛出

のうめん おおとびで

彫刻 / 室町

室町時代・15~16世紀

木造、彩色

21.5×16.1

1面

重要文化財

「嵐山」で桜を見に来た老夫婦の前に出現する蔵(ざ)王(おう)権(ごん)現(げん)、「国栖(くず)」では吉野に逃れた大(おお)海(あまの)皇(おう)子(じ)の将来を約束する蔵王権現の役に用いる。この面はダイナミックな彫りと繊細な毛描きがみどころである。顎を補修した後、面裏前面に布を貼ってしまったため、ノミ跡は見ることができない。 

能面 大飛出をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Muromachi / 能面 / Noh / Mask

関連作品

チェックした関連作品の検索