文化遺産オンライン

能面 姥

のうめん うば

作品概要

能面 姥

のうめん うば

彫刻 / 室町 / 安土・桃山

室町~安土桃山時代・16世紀

木造、彩色

20.0×13.9

1面

重要文化財

『高砂【たかさご】』『国栖【くず】』に登場する老夫婦の翁は尉面【じょうめん】、嫗【おうな】は姥を用いる。目は伏し目とし、全体を刳り抜く。年老いた女性の面のうち「姥」は神がかった役に用いるが、『関寺小町【せきでらこまち】』『姨捨【おばすて】』などの老女の役にも使われる。修理によって表情が硬くなっているが、面裏の彫りに古さが感じられる。(観世、金剛流)(150707_h14)

能面 姥をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 能面 / / Noh

関連作品

チェックした関連作品の検索