能面 朝倉尉 のうめん あさくらじょう

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻  木像 / 室町 / 日本  九州  佐賀県 

福来
ふくらい
室町時代
木製 彩色
面長20cm 面幅15cm
1面
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

朝倉尉とは、観世流や宝生流で用いられる庶民の老人役の面。鼻下・唇下・顎の髭や髪は全て植毛、上下の歯並びを見せる。頬骨は突起し、額の皺は山形の起伏を示す写実的な老相である。室町時代の応永年間に面を作ったと伝えられる福来(福来石王兵衛、越前一条の人)が領主朝倉家に仕えて尉面を献じたので、この名が伝えられたといわれる。弟子出目家二代目の面師・出目壽満の手になる極札によると、作者は十作中の福来石王兵衛正友であることが分かる。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 朝倉尉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面茗荷悪尉
能面茗荷悪尉

出目満照

能面 石王尉
能面 皺尉
能面 小癋見
能面 若紫女(折紙添)
ページトップへ