文化遺産オンライン

能面 石王尉

のうめん いしおうじょう

作品概要

能面 石王尉

のうめん いしおうじょう

彫刻 / 江戸

江戸時代・18世紀

木造、彩色

19.7×15.2

1面

重要文化財

越前の面打、石王兵衛が創作したと伝えられる、老年の男性を表わした面である。金春・金剛・喜多流といった下(しも)懸(がかり)の流派が「西行桜」の桜の精や「遊行柳」の柳の精など、年老いた老人の精霊を演じる際に用いる。金春家に2面あったうちの新しい方である。

能面 石王尉をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 能面 / のうめん / 金春

関連作品

チェックした関連作品の検索