Noh Mask [Zo'onna] type

Details

Noh Mask [Zo'onna] type

Sculpture / Edo

Edo period, 17th-18th century

Wood with polychromy

20.9×13.6

1面

Important Cultural Property

室町時代の田楽師(でんがくし)、増阿弥(ぞうあみ)久次が創作したと伝えられることから「増女」と呼ばれる。天女や精霊など、神々(こうごう)しい女性を演じる際に用いられる。すっきりとした切れ長の眼、透明感のある肌色、鼻筋の通った顔立ちは、玲瓏(れいろう)とした印象を与える。(20090914_h09)(20130820_h09)

Search by Noh Mask [Zo'onna] type

Search by Tokyo National Museum

Keywords

/ 能面 / Mask / Noh

Related Works

Search items related to work chosen