文化遺産オンライン

能面 近江女

作品概要

能面 近江女

彫刻 / 室町 / 安土・桃山

「増阿弥作/満昆(花押)/庸久(花押)」金字銘

室町~安土桃山時代・16世紀

木造、彩色

20.9×13.9

1面

瞳の孔が楕円(だえん)形で、ほかの女面には表されない下歯を覗かせています。これは恋をあきらめきれない女性の執念を表現した面である近江女の特徴です。しかし、顔は増女(ぞうおんな)に近く、通常の近江女よりも目が垂れていません。面裏には「増阿弥(ぞうあみ)作」という鑑定銘があります。

関連作品

チェックした関連作品の検索