文化遺産オンライン

狂言面 うそぶき

きょうげんめん

作品概要

狂言面 うそぶき

きょうげんめん

彫刻 / 室町 / 安土・桃山

室町~安土桃山時代・16世紀

木造、彩色

17.9×13.6

1面

蚊(か)の精(せい)、蛸(たこ)の精、罪人、案山子(かかし)など幅広い役柄に用いる。眉やひげに毛を植えて老貌を示す。口をすぼめるのは仮面の古い形で、伎楽面(ぎがくめん)や舞楽面(ぶがくめん)に既に見られ、田楽(でんがく)、猿楽(さるがく)の面にもあったのだろう。この面は、裏に「増阿弥作 満猶(花押)」という金泥(きんでい)の銘がある。(旧題箋)

狂言面 うそぶきをもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ Mask / 花押 / Azuchi

関連作品

チェックした関連作品の検索