文化遺産オンライン

狂言面 武悪

きょうげんめん ぶあく

作品概要

狂言面 武悪

きょうげんめん ぶあく

彫刻 / 安土・桃山

「天下一角坊」刻銘

安土桃山時代・16世紀

木造、彩色

18.8×17.6

1面

武悪は能面の大癋見(べしみ)に相当する吽(うん)形(ぎょう)の鬼面。地獄の鬼をあらわす役に用いる。この面は裏の右端に「天下一角(すみの)坊(ぼう)(花押)」、左端に「ブアク」の刻書がある。角坊は桃山期の能面作家で日野家の家人。豊臣秀吉の命による能面模作の功で「天下一」の称をえたという。

狂言面 武悪をもっと見る

「天下一角坊」刻銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Azuchi / Momoyama / 能面 / Mask

関連作品

チェックした関連作品の検索