文化遺産オンライン

能面 邯鄲男

のうめん かんたんおとこ

作品概要

能面 邯鄲男

のうめん かんたんおとこ

彫刻 / 安土・桃山 / 江戸

「天下一是閑」焼印

安土桃山~江戸時代・16~17世紀

木造、彩色

19.4×14.5

1面

重要文化財

メリハリのある彫りと健康的な肌の色が精彩に富む優品。面裏の焼印、知らせ鉋や鑿跡から是閑の作と見てよい。是閑は豊臣秀吉から「天下一」の称号を授かった面打。面打を世襲した大野出目家の初代で写しを多く造ったが、名人として高く評価されている。

能面 邯鄲男をもっと見る

「天下一是閑」焼印をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

焼印 / / / 能面

関連作品

チェックした関連作品の検索