能面/孫次郎

彫刻 / 江戸 

「天下一是閑」焼印
江戸時代・17世紀
木造、彩色
21.2×14.2
1面
銘文:面裏「天下一是閑」焼印

室町末期の金剛座【こんごうざ】の太夫・孫次郎が、若くして亡くなった妻の面影をもとに創作した面が原型。小面に比べ、ほっそりとして色気が漂う。額中央から2本、こめかみから3本または4本の髪筋がある。『松風【まつかぜ】』や『井筒【いづつ】』などに用いられる。

作品所在地の地図

関連リンク

能面/孫次郎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 曲見
能面 曲見

「天下一是閑」焼印

能面 増女
能面 増女

「天下一是閑」焼印

能面 邯鄲男
能面 邯鄲男

「天下一是閑」焼印

能面 若男
能面 若男

「天下一是閑」焼印

能面 増女
能面 増女

「天下一近江」焼印

ページトップへ