文化遺産オンライン

能面/邯鄲男

作品概要

能面/邯鄲男

彫刻 / 江戸

「出目満昆」焼印

江戸時代・17~18世紀

木造、彩色

19.3×14.5

1面

銘文:「出目満昆」焼印

 邯鄲男は、一炊(いっすい)の夢の故事を題材にした「邯鄲」に用いるが、「高砂(たかさご)」「養老」などで若い男神の役にも使用する。男神はかつて瞳に銅板を嵌めた厳しい表情の怪士(あやかし)系の面が用いられていたが、室町時代後期頃から邯鄲男が用いられるようになったという。   

能面/邯鄲男をもっと見る

「出目満昆」焼印をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

邯鄲 / 焼印 / 能面 / Mask

関連作品

チェックした関連作品の検索