Noh Mask Kantan-Otoko type

Details

Noh Mask Kantan-Otoko type

Sculpture / Edo

「出目満昆」焼印

Edo period, 17th-18th century

Wood with polychromy

19.3×14.5

1面

Inscriptions:「出目満昆」焼印

 邯鄲男は、一炊(いっすい)の夢の故事を題材にした「邯鄲」に用いるが、「高砂(たかさご)」「養老」などで若い男神の役にも使用する。男神はかつて瞳に銅板を嵌めた厳しい表情の怪士(あやかし)系の面が用いられていたが、室町時代後期頃から邯鄲男が用いられるようになったという。   

Related Works

Search items related to work chosen