文化遺産オンライン

能面/姥

作品概要

能面/姥

彫刻 / 江戸

面裏「出目満志」焼印

江戸時代・18~19世紀

木造、彩色

21.2×14.5

1面

銘文:面裏「出目満志」焼印

年老いた女性で、老女よりもやや、庶民的な表情で表される。老女は瞳の部分だけを抜くが、姥は伏目で目全体を刳る。姥面は「高砂(たかさご)」の姥、「姥捨(おばすて)」の老女の霊などのほか、さまざまな演目に登場する老女に用いられるため、その表情はさまざまである。

能面/姥をもっと見る

面裏「出目満志」焼印をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

焼印 / 出目 / 能面 / Mask

関連作品

チェックした関連作品の検索