能面 邯鄲男 かんたんおとこ

木像 / 江戸 / 日本 

河内大掾家重
かわちだいじょういえしげ
江戸時代前期(17世紀)
木造彩色
静岡県三島市
財団法人佐野美術館

 「邯鄲」は、中国の青年廬生(ろせい)が旅の途中、宿の主人が粟飯を炊くわずかな間に、栄華を極める一生を送る夢を見て、人生のはかなさを悟るという演目。現実に思い悩む姿と悟りを得た後の晴れやかな顔の両方を表している。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 邯鄲男チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 小面
能面 小面

河内大掾家重

能面 中将 焼印「天下一河内」
風流邯鄲枕
風流邯鄲枕

西村重長筆

能面 邯鄲男
能面 邯鄲男

「出目満昆」焼印

能面 邯鄲男
能面 邯鄲男

「天下一是閑」焼印

ページトップへ