能面 小面 こおもて

木像 / 江戸 / 日本 

河内大掾家重
かわちだいじょういえしげ
江戸時代前期(17世紀)
木造彩色
静岡県三島市
財団法人佐野美術館

小面の「小」はきれい、可愛らしいの意味があり、最も若い女の面。歌人藤原定家と式子内親王との秘めた恋の物語『定家』に使われたと思われる。近世初頭の面打の名人、河内大掾家重の作品。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 小面チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 中将 焼印「天下一河内」
能面 邯鄲男
能面 邯鄲男

河内大掾家重

能面 小面
能面 小面

「天下一河内」焼印

能面 小面
能面 小面

「出目満昆」焼印

能面 小面
ページトップへ