文化遺産オンライン

能面 小面

のうめん こおもて

作品概要

能面 小面

のうめん こおもて

彫刻 / 江戸

「永井恒澄」銘

江戸時代・17~18世紀

木造、彩色

縦21.2 横13.6

1面

銘文:「永井恒澄」銘

若い女性の役に用いる。金春家の名物面で現在は京都金剛家が所蔵する「雪の小面」を写したもの。ただし、髪の黒い彩色の補修痕、面紐孔周囲の剥落の形から、直接の写しではなく、出目洞水による写しにもっとも近い。この面は洞水作またはその写しであろう。

能面 小面をもっと見る

「永井恒澄」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

小面 / のうめん / 能面 /

関連作品

チェックした関連作品の検索