文化遺産オンライン

能面 弱法師

のうめん よろぼし

作品概要

能面 弱法師

のうめん よろぼし

彫刻 / 江戸

江戸時代・17~18世紀

木造、彩色

縦19.6 横13.9

1面

盲目の乞食となった俊徳丸と、彼を追い出した父親との再会と和解を描く能「弱法師」の専用面。この面の裏の銘「水戸殿所持ノ面」から水戸徳川家伝来面の写しだとわかる。水戸徳川家伝来面を写したという銘を持つ弱法師が福岡市博物館にも所蔵されている。

能面 弱法師をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

法師 / 能面 / / Mask

関連作品

チェックした関連作品の検索