文化遺産オンライン

狂言面 祖父

きょうげんめん おおじ

作品概要

狂言面 祖父

きょうげんめん おおじ

彫刻 / 江戸

江戸時代・17~18世紀

木造、彩色

19.4×13.9

1面

顔をゆがめて苦悩するかのような表情は恋煩(こいわずら)いのためだろうか(「枕物狂(まくらものぐるい)」。この面は裏に「大蔵弥太夫 虎輔」という朱書(しゅがき)の銘がある。大蔵家(おおくらけ)は狂言の流派の一つで、江戸幕府に召し抱えられた。その分家弥大夫家(やだゆうけ)をおこした虎輔(とらすけ)の所持品であったことがわかる。

狂言面 祖父をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

狂言 / / Kyogen / Mask

関連作品

チェックした関連作品の検索