文化遺産オンライン

猿(小猿)

さる(こざる)

作品概要

猿(小猿)

さる(こざる)

彫刻 / 能楽 / 江戸 / 東京都

江戸中期・18世紀

縦15.4 幅12.7 高6.6

1面

渋谷区千駄ヶ谷4-18-1 国立能楽堂

収蔵品番号 KM10

独立行政法人日本芸術文化振興会

未指定

 「小猿」は、猿が登場する狂言のうち、猿の役を子方が演じる〈靱猿〉〈猿座頭〉で用いる。子方に相応しい無垢な表情が特徴。漆かぶれを嫌ってか、通常施す裏面の漆を塗らずに白木のまま仕上げている。面裏の額に「惟明(花押)」の彫銘があり、「小猿」との墨書のある貼札がある。
 狂言面箪笥入りの十面のうちのひとつ。この一連の狂言面は、摂津国伊丹の銘酒「白雪」で知られる江戸時代以来の大造酒家・小西新右衛門の旧蔵品であり、大阪美術倶楽部において昭和8年(1933)1月24日に行われた「某家所蔵品入札」の売立目録に掲載される。小西新右衛門は平瀬露香とともに、近代能楽の発展に貢献した後援者でもあり、演者としても知られている。

猿(小猿)をもっと見る

国立能楽堂 資料展示室をもっと見る

キーワード

狂言 / 小西 / 売立 / Shibuya

関連作品

チェックした関連作品の検索