能面 中将 焼印「天下一河内」 のうめん ちゅうじょう

彫刻  その他 / 江戸 / 日本 

河内大掾家重作
かわちだいじょういえしげ
江戸/17世紀
縦20.1 横13.7
一面

五位中将であった在原業平をモデルにして創作られたと伝えられる若い男面である。貴公子としての気品と柔らかさを表現するため、眉墨をつけ、口元やあごのあたりに女面の形式が採り入れられている。「雲林院」の業平をはじめとする貴公子や、「清経」などの平家の公達の亡魂の役柄に用いられる。面裏に「天下一河内」の焼印があり、江戸時代随一と伝えられる能面師、河内大掾家重の作であることが知られる。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 中将 焼印「天下一河内」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 小面
能面 小面

河内大掾家重

能面 小面
能面 小面

「天下一河内」焼印

木造邯鄲男(能面)
木造邯鄲男(能面)

伝井関河内

能面 小面
能面 小面

「出目満昆」焼印

能面 邯鄲男
能面 邯鄲男

「天下一是閑」焼印

ページトップへ