能面 邯鄲男 のうめん かんたんおとこ

彫刻 / 室町  安土・桃山 

「春若作/家重(花押)/春若作/満昆(花押)」金字銘
室町~安土桃山時代・16世紀
木造、彩色
19.9×14.2
1面

面裏には春若(しゅんわか)作と鑑定銘があります。鑑定をしたのは井関家重(いせきいえしげ)(河内(かわち))と出目満昆(でめみつのり)(洞水(とうすい))。家重は江戸前期の面打、名匠として名高い河内ですが、河内による鑑定銘は少なく、本人が実際に見たかは不明です。鑿跡(のみあと)がなく、平滑な面裏は春若の特徴とされています。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 邯鄲男チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 茗荷悪尉
能面 茗荷悪尉

「春若作/満喬(花押)」金字銘、「イットウ」「カンヤシャ」漆銘

能面 鼻瘤悪尉
能面 鼻瘤悪尉

「文蔵作/満昆(花押)」金字銘

能面 増女
能面 増女

「増阿弥作/満昆(花押)/満猶(花押)」金字銘

能面 阿古父尉
能面 阿古父尉

「福来作/満昆(花押)/庸久(花押)/満昌(花押)」金字銘

能面 近江女
能面 近江女

「増阿弥作/満昆(花押)/庸久(花押)」金字銘

ページトップへ