文化遺産オンライン

能面 増女

のうめん ぞうおんな

作品概要

能面 増女

のうめん ぞうおんな

彫刻 / 室町

「増阿弥作/満昆(花押)/満猶(花押)」金字銘

室町時代・15~16世紀

木造、彩色

縦21.1 幅13.2 奥行6.8 重さ154

1面

室町時代の田楽(でんがく)の役者・増阿弥(ぞうあみ)が創作したという若い女性の面。知的で高貴な表情から女神、天女などの役に用います。この面の材は広葉樹(クスノキか)で重く、面打である大野出目(おおのでめ)家4代・満昆(みつのり)(洞水(とうすい))と5代・満猶(みつなお)(甫閑(ほかん))がこの面を増阿弥の作と鑑定した銘があります。

能面 増女をもっと見る

「増阿弥作/満昆(花押)/満猶(花押)」金字銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

mask / / Muromachi / Mitsunori

関連作品

チェックした関連作品の検索