文化遺産オンライン

能面 痩女

のうめん やせおんな

作品概要

能面 痩女

のうめん やせおんな

彫刻 / 室町 / 安土・桃山

「日氷作/満昆(花押)」金字銘

室町~安土桃山時代・16世紀

木造、彩色

21.8×14.5

1面

眼が落ち窪み、頬はこけて生気のない顔ですが、江戸時代に定型化した頬を面取りするような痩女に比べて自然です。夫の帰りを待ちわびて病死した妻の亡霊の役、死後も苦しむ女性の霊の役に用います。この種の面を得意とした日氷(ひみ)作とする鑑定銘があります。

能面 痩女をもっと見る

「日氷作/満昆(花押)」金字銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

mask / / Mitsunori / 花押

関連作品

チェックした関連作品の検索