文化遺産オンライン

能面 痩女

のうめん やせおんな

作品概要

能面 痩女

のうめん やせおんな

その他 / 彫刻 / 室町 / 日本

室町/16世紀

縦21.2 横14.3

一面

「水無瀬」「砧」のシテのように、夫を待ちわびて世を去った女の亡霊に使用する。名称のごとく、痩せ細って突き出した頬骨、くぼんだ眼窩の底には、力のない目を悲しげに伏せている。青味を含む黄褐色に塗られた艶のない面には、ほとんど生気が感じられない。現存する痩女の面の中でも屈指の名品である。

能面 痩女をもっと見る

公益財団法人徳川黎明会 徳川美術館をもっと見る

キーワード

能面 / のうめん / / mask

関連作品

チェックした関連作品の検索