能面 宝来女 のうめん ほうらいおんな

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻 / 安土・桃山  江戸 

「井関大幸坊作」陰刻
安土桃山~江戸時代・16~17世紀
木造、彩色
21.2×13.6
1面

宝来女は金剛流で使われる面であり、金剛流の役者を抱えた上杉家にふさわしい面といえよう。しかし金剛宗家の名物面、三井記念美術館所蔵の最古例の宝来女とこの面とは似ていない。16世紀に近江で活躍した大光坊幸賢の作とするが、別人の作と見られる。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 宝来女チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 大癋見
能面 大癋見

「舞歌」陰刻、「三光坊作」銘

能面 近江女
能面 近江女

「増阿弥作/満昆(花押)/庸久(花押)」金字銘

能面 三光尉
能面 三光尉

「一トウ」陰刻

旧金剛宗家伝来能面
能面 三日月
能面 三日月

「宝来作」銘

ページトップへ