能面 大癋見 のうめん おおべしみ

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻 / 安土・桃山  江戸 

「舞歌」陰刻、「三光坊作」銘
安土桃山~江戸時代・16~17世紀
木造、彩色
20.9×16.3
1面

真一文字に結んだ口元や頬のふくらみなど、誇張は少なく自然な彫りを目指している。面裏に「三光坊作 大癋見」の金泥書のほかに「舞歌」と読める陰刻がある。これは室町時代後半の面打で越前出目家初代の満照作のしるしとされる。キリ材製、彩色は後補。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 大癋見チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 三光尉
能面 三光尉

「一トウ」陰刻

能面 長霊癋見
能面 長霊癋見

「キヒノケンせイ」陰刻

能面 小癋見
能面 小癋見

「福来作」銘

狂言面 武悪
狂言面 武悪

「天下一角坊」刻銘

能面 宝来女
能面 宝来女

「井関大幸坊作」陰刻

ページトップへ