文化遺産オンライン

能面 大癋見

のうめん おおべしみ

作品概要

能面 大癋見

のうめん おおべしみ

彫刻 / 安土・桃山 / 江戸

「舞歌」陰刻、「三光坊作」銘

安土桃山~江戸時代・16~17世紀

木造、彩色

20.9×16.3

1面

真一文字に結んだ口元や頬のふくらみなど、誇張は少なく自然な彫りを目指している。面裏に「三光坊作 大癋見」の金泥書のほかに「舞歌」と読める陰刻がある。これは室町時代後半の面打で越前出目家初代の満照作のしるしとされる。キリ材製、彩色は後補。

能面 大癋見をもっと見る

「舞歌」陰刻、「三光坊作」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 能面 / Mask

関連作品

チェックした関連作品の検索