文化遺産オンライン

能面 小癋見

のうめん こべしみ

作品概要

能面 小癋見

のうめん こべしみ

彫刻 / 江戸

「福来作」銘

江戸時代・18世紀

木造、彩色

20.3×16

1面

地獄の鬼の役に用いる面。もっとも流布した観世(かんぜ)家の伝文蔵(ぶんぞう)作の面の写しである。しかし彩色は異なり、この面のゆらゆらのびる毛先、渦巻くひげの表現は長霊癋見(ちょうれいべしみ)に見られるもの。面裏は全面に布を貼るのでノミ跡が見えない。福来よりずっと下る江戸時代の作。

能面 小癋見をもっと見る

「福来作」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

癋見 / 観世 / / Noh

関連作品

チェックした関連作品の検索