文化遺産オンライン

能面 黒髭

のうめん くろひげ

作品概要

能面 黒髭

のうめん くろひげ

彫刻 / 江戸

「徳若作」銘

江戸時代・18世紀

木造、彩色

20.9×15.1

1面

龍神の役はこの面を着け、龍を表した冠を戴(いただ)く。顎(あご)のしゃくれ、頭の先のすぼまり方、上瞼(まぶた)の曲線が黒髭にしては弱いので、獣らしく見えない。白目は赤く塗られるが三白眼(さんぱくがん)であり、これらの特徴は宝生(ほうしょう)家伝来の伝徳若(とくわか)作の面と共通する。その写しで制作は下る。

能面 黒髭をもっと見る

「徳若作」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

能面 / のうめん / Noh /

関連作品

チェックした関連作品の検索