文化遺産オンライン

能面茗荷悪尉

のうめんみょうがあくじょう

作品概要

能面茗荷悪尉

のうめんみょうがあくじょう

漆工 / 室町 / 中部

出目満照

室町時代/1392-1573

桧材。胡粉地に黄土彩色。眉を垂れ、眉間の八字型皺を茗荷風目の上瞼に連続させ、頬骨を突起させ細く鋭く彫り、目に細い金輪をはめた相貌は特色がある。髪を毛描きし、鼻髭・唇下髭…

縦20.3cm/横15.0cm

1面

鯖江市指定
指定年月日:20120427

有形文化財(美術工芸品)

出目満照は戦国時代の能面師である。越前出目家初代。越前府中に住み、文亀-天文(1501-55)に活躍したとされる。

能面茗荷悪尉をもっと見る

出目満照をもっと見る

地方指定文化財データベースをもっと見る

キーワード

出目 / / 能面 / のうめん

関連作品

チェックした関連作品の検索