木造獅子頭 もくぞうししがしら

漆工 / 江戸 / 中部 

不明
寛政11年(1799)/1799
【構造】欅材。頭部と下顎部からなり、舌は下顎部と同じ材から彫る。耳は小さな穴を2つあけて紐で付け、鼻脇に2束の毛を植える。内側に布製の輪を付け、後頭部に鉄鐶を打ち紐を通す…
高さ25.1cm
1頭
鯖江市指定
指定年月日:20120427
有形文化財(美術工芸品)

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

木造獅子頭チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造獅子頭
木造獅子頭
木造獅子頭
佐敷諏訪神社の獅子頭
木造猿田彦面
ページトップへ