文化遺産オンライン

能面 怪士

のうめん あやかし

作品概要

能面 怪士

のうめん あやかし

彫刻 / 江戸

江戸時代・18世紀

木造、彩色

20.9×14.5

1面

男神や武将の霊の役に用いる。眼窩の窪み、頬骨の張りはあるものの、彫刻が控えめでおとなしい顔である。面裏の目の刳りが菊花のように放射線状にノミを入れるのは、金剛家伝来の三光尉に見られるが、この面の制作年代は下るので関係は不明である。

能面 怪士をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

能面 / Noh / Mask / polychromy

関連作品

チェックした関連作品の検索